当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

メールフォーム Xform

  • HOME
  • よくあるご質問

よくあるご質問

メールフォーム「Xform」に関するQ&Aです。導入前のご質問や、困ったときの解決方法などはこちらをご覧ください。

  • キーワードから探す方はこちら

ダウンロードしたCSVデータをExcelで開くと、住所等がうまく表示されません。

ExcelでCSVデータを開いた場合、自動的に書式を変換してしまいます。
例えば、以下のような変換が行われます。

・先頭が0で始まる数値だけのデータ ⇒ 先頭の0の並びを全て削除したデータに変換
・2006/01/01(一桁の月・日も二桁表示) ⇒ 2006/1/1(一桁の月・日は一桁のみに変換)

そのため、CSVデータを開く場合は以下の手順でお願いします。

【excel2003の場合】
--------------------------------------------------------------
1.Excelを新規に起動

2.[データ(D)] メニューの [外部データの取り込み(D)]>>[データの取り込み(D)] をクリック

3.[データ ファイルの選択] ダイアログボックスでダウンロードしたCSVデータを選択し、開く

4.[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)]を選択し、
[次へ(N)]をクリック

5.[区切り文字]にて[カンマ(C)]のみにチェックを入れる

6.[文字列の引用符]にて["]を選択し、[次へ(N)] をクリック

7.[データのプレビュー]にて全ての列を選択し、[列のデータ形式]にて[文字列(T)] を選択

8.[完了] をクリック

9.[既存のワークシート(E)]を選択し、[OK]をクリック

10.Excel画面左上の[ファイル]をクリックし、[名前を付けて保存(A)]をクリック

11.[ファイルの種類(T)]にて[CSV(カンマ区切り)(*.csv)]を選択

12.保存するをクリック

13.警告ダイアログが出ますが[OK]をクリックし、続けて[はい(Y)]を選択

14.完了
--------------------------------------------------------------


【excel2007の場合】
--------------------------------------------------------------
1.Excelを新規に起動。

2.[データ]メニューの[テキストファイル]をクリック

3.ダウンロードしたCSVファイルを選択し、[インポート]をクリック

4.[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)]を選択し、
[次へ(N)]をクリック

5.[区切り文字]にて[カンマ(C)]のみにチェックを入れる

6.[文字列の引用符]にて["]を選択し、[次へ(N)] をクリック

7.[データのプレビュー]にて全ての列を選択し、[列のデータ形式]にて[文字列(T)] を選択

8.[完了] をクリック

9.[既存のワークシート(E)]を選択し、[OK]をクリック

10.Excel画面左上の「officeマーク」をクリックし、[名前を付けて保存(A)]をクリック

11.[ファイルの種類(T)]にて[CSV(カンマ区切り)(*.csv)]を選択

12.保存するをクリック

13.警告ダイアログが出ますが[OK]をクリックし、続けて[はい(Y)]を選択

14.完了
--------------------------------------------------------------


※なお、このファイルを再度Excelで開くと「0」が省かれるので、ご注意ください。
再編集が必要な場合は、上記の作業を再度実施して下さい。


全カテゴリーを表示する

  • キーワードから探す方はこちら